Ultraseek
検索
spacerspacer 検索 line
spacerline
  さらにくわしく検索
探しているものをずばり見つけることは、思ったよりも簡単です。たとえば、次のようなテクニックが効果的です:

語句のまとまりや区切りをはっきりさせる。

よくない例: home run records
おすすめ例: "home run" records
よくない例 の検索文字列は内容が不明瞭です。 いったい "Run, Run, Run" などの歌を集めたホームページなのか、それとも野球の統計記録なのか、どちらとも解釈がつきません。 "ホームラン"とまとめておくと、こうしたあいまいさを避けることができます。このテクニックは特に役立つため、一番のおすすめです。

独特の単語や言いまわしを追加する。

よくない例: "home run" records
おすすめ例: "home run" records baseball
先ほどの例と同じく、 よくない例 はあいまいです。 ちょっと一言 baseball と追加すれば、もっとはっきりしてきます。言葉を増やすたびに検索範囲が広まるため、見つかる件数も増えますが、ランク付けの関連性がより正確になります。

適切に大文字を使い分ける。

よくない例: wired digital white house, baby bells, bill gates
おすすめ例: Wired, Digital, White House, Baby Bells, Bill Gates
小文字のみで検索すると、それぞれ解釈の幅が大きく残ります。 たとえば、大文字を使わない場合の wired とは、雑誌名「Wired」のほかに電気配線に関するページまで含まれてしまいます。また baby bells はテレビ番組に登場するBells一家の子供達をさしているわけではなく、ここではアメリカの電話会社の俗称ですので、その一般的な慣習に従って大文字で入力します。 固有名詞は大文字ではじめるのが賢明です。

必要な単語(+)、排除したい単語(-)を指定する。

よくない例: Barney
おすすめ例: Barney, +Smith -dinosaur
Barney で Smith Barney 社の投資情報を探しているつもりが、幼児番組キャラクターの怪獣 Barney にたどり着いては拍子ぬけ。 こんなとき、マイナス記号「-」を使って dinosaur(怪獣)の解釈をあらかじめ排除、 あるいはプラス記号「+」を使って "Smith" を含ませておきます。 上記の おすすめ例 はこの二つの手法を同時に活用しています。

検索対象となるフィールドを指定しておく。

よくない例: Sun workstation
おすすめ例: Sun workstation, site:sun.com, title:Ultra
探しているページがどのサイトにあるのか、あるいはそのページのタイトルが既にわかっている場合は、 site: あるいは title: を使って検索対象となるフィールドを指定した上で検索を行うことができます。フィールド識別子については 特殊検索 のページをご覧ください。

  

line トピック line
line

検索
spacerヒントと例文
spacerさらにくわしく検索
spacer特殊検索
spacer語を含める、または語を除外する
spacerメタタグ
spacer検索構文の要約
 
その他のサービス
spacer英語
 
言語
spacerデンマーク語
spacerドイツ語
spacer英語
spacerスペイン語
spacerフィンランド語
spacerフランス語
spacerイタリア語
spacer日本語
spacer韓国語
spacerオランダ語
spacerノルウェー語
spacerポルトガル語
spacerスウェーデン語
spacer簡体字中国語
spacer繁体字中国語